スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸発

この度の東日本大震災で多くの方々が被災されたこと 心より御見舞い申し上げます。
報道等で新事実が発表される度に、時間の経過と共に事態が深刻化して行く恐ろしさを感じ、心が痛む毎日です。
16年前の阪神淡路大震災の時、被災地の真っただ中におりました私達も、しばらく現実を受け止めることが出来ず、ただ茫然としている日が続きました。
やがて、生きて行かねば!何か出来ることをせねば!という気持ちが生まれ出し、壊れた街の中から活気が少しずつ出て来たのです。
まだ和太鼓を初めたばかりの私達は、太鼓の数が全く足りない時でしたので、色々な所から太鼓を借りて来て被難所で演奏するようになりました。
技術的にはまだまだ未熟な私達でしたが、言葉を持たないこのサウンドがエネルギーとして如何に人々の心に浸透して行くかを見て、和太鼓の底力を感じました。
私達は、東日本大震災で被災された方々にも必ずやこのサウンドがエネルギーとして届くと信じ、太鼓を打ち鳴らしたいと思っています。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:松村組長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。