スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災復興支援和太鼓コンサート「音描写」

東日本大震災から二年が経過しました。
二年前の今頃は、日本中が深い悲しみに陥っており、容赦なく襲って来る余震と放射能の汚染におびえ、愛する人を探し、これからどうやって生きて行ったらいいのか…と途方に暮れていました。
その不安や悲しみは現在も残ったままになっています。
2013年3月11日、兵庫県尼崎市のアルカイックホールオクトにおきまして、東日本大震災復興支援和太鼓コンサートが行われました。
出演は、主催者でもあるKogakusyu翔と、私達和太鼓松村組。
リーダーから今回のコンサートの主旨を聞き、出演打診がありまして2つ返事で受けさせてもらいました。
リーダーは僕よりもうんと年下なんですが、コンサート活動は精力的でピアノ・ベース・ドラムと篠笛・和太鼓を融合させた独自のスタイルでファンの心をしっかりと掴んだ確かな音楽性を持ったチーム作りをしているんです。東日本大震災後、復興支援和太鼓コンサート「太鼓の力」を企画し、沢山の太鼓奏者を集め各地で行われました。本当に、リーダーは若いのに(変な言い方かな?)行動力があり、みんなを引き付ける魅力を持ったナイスな人物です。
今回は、「音描写」というタイトルで、我々の演奏と写真家東森史郎氏の映像とのコラボで、東森氏の撮った被災地の写真などがスクリーンに映し出されました。
何と、同じ関西のチームながらKogakusyu翔との共演は今回が初めてで、復興支援への強い思いを持ったリーダーのお陰で縁が出来ました。
これからも、我々和太鼓界は手を取り合って大きな力をもって平和への夜明けを迎えるよう、努力して行きます。
スポンサーサイト
プロフィール

松村組長

Author:松村組長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。