スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら大夕張ダム感謝のひびき








7月15日、北海道夕張市に行って参りました。
それは、「さようなら大夕張ダム感謝のひびき」というイベントに参加をする為で、憲一と二人で国土交通省の管轄する大きな行事に出席させて頂きました。
昭和36年に出来上がった大夕張ダムは、夕張の為に半世紀地域の安全と発展を支えてきたのですが、更に大きな役割が必要とのことで、夕張シューパロダムという更に巨大なダムに引き継がれて行くことになったそうなんです。
そのことにより、大夕張ダムは、水没してしまうらしく、周辺の道路や山の多くが湖の中に眠ることになるそうなんです。
実際にその場にいましても、あまりにスケールの大きな話でピンとこないというのが正直なところでした。
写真1・2枚目の手前が大夕張ダムで、奥にあるのが夕張シューパロダム。手前の大夕張ダムに4・2尺の大太鼓「神」がわかりますか?
式典が始まり、神による降神(神様に降りて来て頂く)の儀。
その後、憲一と二人で神による「山響呼」、北海道の為に作曲した「北の灘」を北海道15団体数十名による演奏。そして、室蘭でギネス記録になった千人太鼓「山彦」(実際は1850人)。
そして、最後は憲一による昇神(神様に帰って頂く)の儀。
このような、またとない機会を頂けたこと、感謝しております。
スポンサーサイト
プロフィール

松村組長

Author:松村組長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。