スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やれやれ






11月2日、神戸文化ホールにて和太鼓松村組定期公演「不動の城」が開催されました。
毎年秋に公演をさせて頂いておりますこの公演は、今回で15回を迎えることとなり、無事成功を収めることができました。
「不動の城」とテーマをつけたことは、15回の公演を続けて来た歴史を振り返り、お世話になった方々やスタッフ・メンバーなど公演に関わる全ての力あっての継続だと痛感したことを改めて考えてタイトルを付けました。
新曲「不動の城」の二楽章で「人は城、人は石垣、情けは味方仇は敵、人が支え国が成る。」と歌っています。
新曲は全三楽章。
一楽章は、メロディックかつリズミカルにと考え、メロディー担当が技術を駆使するといった曲に仕上げました。コードアレンジをジャズピアニストの木村卓也先生にアドバイスもらいました。
二楽章は、ガラッと変わって大太鼓三台のみで三人の打ち手が力の限り、エネルギーある限り打ち込む場面です(歌付き)。
三楽章は、その全てのパートが力を結集させた内容となり、エネルギッシュかつメロディックかつリズミカルというように仕上げました。
そして、「不動の城」は舞台に関わる全ての人達の総力あげて築き上げた大きな城となりました。
終演後、メンバー・スタッフ・舞台関係者集まって反省会を行い、全員がやりきった!という達成感に満ち溢れ、仲間の結束力がさらに増したことをかんじました。

スポンサーサイト
プロフィール

松村組長

Author:松村組長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。